ブックマーク Californiaシリコンバレーからの釣り日記

2017-06

Clear Lakeでバスフィッシング


いつものLarryおじいちゃんにガイドをしてもらってきました。いつものFordになにもついてないRanger Boat。
そして今回はClear Lakeという場所。
はじめていく場所です。

ここは自宅から3時間と少し遠いので、躊躇します。
けど、Larryのいう10lbsがでたよ!ってのと、シャローだよってのでよし行こうと決めました。

行ってみるとこれまたいい場所。
とってもいい景色の町で涼しくて最高でした。

しかし、当日ついてみると、ちょっとスローなんだよねと。
前日よりも少し温度が下がってきてるので、活性が悪いみたいと。
フロリダでも聞いたなそんなこと(笑)

DSC_0332.jpg 

とりあえず船に乗り込んで、対岸のシャローへ。
いきなりのシャローで友達も大興奮。
もうトップウォーターででるんじゃないかという気持ちです。

ま、そんなに甘くわなくノーバイト。。。。

場所を移動するとだんだんとあたりが出てきます。
あたりが出ますが、どうしてもクラッピー、ブルーギル系
ぷるぷるぷるぷるっていうあたりしか出ません(笑)

クラッピーを順調に釣りあげ、ブラックバスを探します(笑)

で、やっと乗せた一本
小さいんですけどなかなか重みがあってよく引きます。

received_1447768355268986.jpg 

ブラックバスのあたり、引きはやっぱり面白い。
ブラックコッドとかバーミリオンとかもこんな感じなんですよね。
リングコッドとは明らかに違います。

そして、ラリーおじいちゃんはナイス一匹を上げ記念撮影(笑)

received_1447768265268995.jpg 

大きなシャローフラットでダウンショットでツンツン誘っているとガツンとでかいあたり。
電撃合わせたところ、なんかぐいぐい引っ張る。
どう考えてもこれバスの引きじゃない。もしかして鯉かなぁ~??と不安を抱くもすごい引きを楽しみます。
ドラグはぎゅんぎゅん出るし、5lbsラインにミディアムライトロッドの組み合わせ。
なかなか腕に来ます。
で、なんとか上がってくるんだけど、またビューんって走り出す。
これを何度か繰り返したところで釣り上げた一匹!

received_1447768551935633.jpg キャ

キャットフィッシュ!!
まーでかいでかい。
そしてめっちゃキモイ。ラリーも船に上げないでねっていうくらいの顔の大きさ。
こんなものよく釣り上げたなと思いながら針を外してリターンしました。

received_1447768495268972.jpg 


ちょっと風が出てきたところで向かった場所はかなりの大物が住む場所だとか。
80年代はこの辺りがアメリカでは一番釣れていたっていうくらいの場所だそう。
そこで一匹大きいのをかけたんだけど、痛恨のラインブレーク
やっぱりラインはちゃんとしてないとダメですね。
キャットフィッシュバトルでラインが痛んでたんでしょうか。
ラインは常に気を付けないとだめですね。もったいなかった~。

今回もいい感じ、いい景色、いい釣りができてとっても楽しかったです。
一緒に行った友達も次はトップウォーターの時期にまた行こうってことで。

また釣りに行こう(笑)


スポンサーサイト

久々の投稿 サンタクルーズボートレンタル

DSC_0234.jpg 

久しぶりに投稿してみる。
4月に海のRock Fish Fishingが解禁になったんだけど、ドイツやら日本やらに出張してて、いけたのは15日。その日は惨敗。
一、二匹かなつれたのは。いい当たりはあったんだけど、なかなかうまくいかず。

3人でボートに乗って、一人だけなぜか爆釣という(笑)
そうゆうときって必ずありますよね~。

僕はいつもテーマを決めてやってます。
今日は鯛ラバ、今日はジグとか。
でもうまく釣れないと途中で焦って無差別にやり始めますが。

で、前回うまくいかなかったんで、いつもの冷凍サバを準備しておきます。
で、このGW、日本がお休みの間を狙って僕も平日釣りに行きました。

テーマは魚探を使った釣り。
一緒に行く釣り仲間がDeeperを持っているので、それを少しお借りして探検

DSC_0236.jpg 

ポイントポイントでDeeperを落としてみて海底を探ります。
ただ、なんとなくよくわからない。
しかも画面を見てると酔う。。。。
たしかに。スマホ連動なので、スマホの画面をつけっぱにしておくとまた電池が減るし。

海底の雰囲気はよくわかるので、なんとなくだけど、自信がもてていける感じはありました。
でもやっぱり魚探は専用がいいかなぁ~。
Deeperがいいかなって思ったのは川釣りもやるし、湖でもやるので、状況わかるといいなって思って。でも海は専用の魚探をちゃんとつけたほうがよさそう。
Germinの120ドルの魚探が安くて使いやすそうな感じです。

ベイト用のさばを釣るために魚探かけて魚群を探そうと思ったけど、走ってる最中は使えない。
なかなかサバが釣れないわけです。
途中で少し酔ってきたのと飽きてきたので、もう通常の釣りに切り替え。

いつもの岩場にジグを投げて一撃で根掛かり。。。。
回収できず。ビュンビュン竿を振ってる間にPEラインがこすれで根本で切れるという。。。
諦めて今度はスイムベイト。
根がかかりするも回収しながら釣り進みます。
ここで、ヒット!!って思って激合わせします。乗ったと思った魚が何度も逃げる。
結局スイムベイトの針が根掛かりで曲がってるというね。

そして鯛ラバを投入。
なかなかいい当たりがあり、ヒット。今度はちゃんと載せました。

鯛ラバで釣れたので今度は冷凍サバ
リングコッドはサバが一番反応がいいので、ベイトに使います。釣具屋で4匹3ドル。
リングコッドのあたりは独特ですね。ハミハミしてくるので、ラインを送り送り送り。
ボートが流されているので、それに合わせて送ります。
送ったところで少し引っ張って、おい食いをしたところをゆっくり合わせていきます。
重みが乗ったところで、もう一度合わせ。
針を貫通させます。リングコッドの口は堅いのでなかなか合わせが重要。

いい引きを楽しませてくれます。
2回目は回収の巻き上げ中にドンと乗って。またでかリングコッド

2匹釣れたので、余裕をかまして鯛ラバにチェンジ
少し軽めの頭にカーリー白ネクタイを落とし込むとフォールでまたガツンと。
え??この感じ間違いなくリングだけど、なんで鯛ラバなんかに食うわけ?みたいな。
半信半疑で上げてくるとやっぱりリングコッド。
これはたまたまラッキーだったのかな?と思います。

DSC_0303.jpg 

結局今回はリング3匹 持ち帰りリミットは2匹です。
オリーブ3匹?ブラウン1匹かな。
バーミリオンが欲しいんですけど、今回は来なかった。
いつもイカベイトがいいので、バーミリオンはインチクがいいのかも。
次の出張の時に日本でインチク買ってくるかなぁ~

サンタクルーズも午後になると風が出てきて海が荒れてきます。
やっぱ午前中に釣らないとですね。

DSC_0235.jpg 


DSC_0310.jpg 

今回僕のラッキーでした。
久しぶりのいい釣りができて、また行きたくなる(笑)

今度はスイムベイトを極めたいなぁ~と。
もう少し重めのスイムベイトで~、針はシャープにしてときりないです(笑)

釣ってきた魚を息子にどうやって食べる?って聞いたら天ぷらって。
はぁ~?めんどくさいから自分で準備してくれる?っていったら揚げるとこまでやってくれました。

DSC_0312.jpg 

DSC_0314.jpg 


今日はリングコッドの煮つけ。
これも絶品です。

DSC_0319.jpg 

明日は野池バス釣りかなぁ~(笑)

またまた北の琵琶湖でBASS FISHING


最近定番になりつつある琵琶湖でのBASS FISHING
今回も今シーズン最後ということで行ってきました。

だんだんとバス釣りも僕の中では板についてきました。
今回も手ぶらでコンビニの袋のみで参戦。なかなかボートでガイドをお願いして手ぶらはないですよってことだそうですが。
だって、ガイドお願いするときって絶対ガイドが持ってる釣り具の方がいいんだし。
絶対釣れるよね。

朝7時半くらいに出廷。
琵琶湖の湖面は靄がかかり幻想的な感じでした。

昼から風が吹きそうだということで、いつものポイントへ移動。
非常に穏やかでエレキで船を止めておかなくてもいいくらいだったそうです。
このエレキって表現が僕にはツボなんですが(笑)

received_1196101290469600.jpg 

そこで2投目くらいでいきなりキタ!
ダウンショットでこのサイズ!52cmで2.6kgです。もうおなかパンパン。
プリスポーンでしょうか?

このロッドはライトロッドだったかな?Finnessって書いてありました。
ティップがソリッドらしくかなり敏感に反応します。
実際使っててめちゃめちゃ使いやすいです。
ラインはなんと4lbs
こんなライトリグでこんなでかいのが釣れちゃうんですよね。

received_1196101373802925.jpg 


received_1196101397136256.jpg 

すごいっす。
なんか重ーいのが上がってきた感じで。
暴れることなくすーっと上がってきた感じ。
僕にとってこれがどれくらいすごいのかはわからなかったんで、ガイドさんとか友達とかが大騒ぎ。

でも大台の50cmオーバーってことです。

この場所では何匹も釣れて、アベレージが大体30cm前後ですかね。
とっても元気なので、釣ってて面白いです。
当たりも明確にあって、それにガツッって合わせます。これもセオリー通りというか。
両サイドでティップを見てたガイドさんがいい入りだよねぇ~って終始言ってました
たぶんソリッドティップがいいんですよね。

湖面の向こうから風が出てくるのが見えるのがおもしろいんですが、さーっと風が出てきたので風裏の場所へ移動です。

DSC_2591.jpg 

だんだんと紅葉が始まっていて、この場所は動物が顔を出してくれる場所だそうです。

ここも移動してディープな場所に。
僕は海釣りをしてるので、ディープのダウンショットは得意です。
友達はどうもこのディープショットは不得意だそうです。

DSC_2592.jpg 

ここでもいいサイズをゲット。
ほんとよく引いて遊んでくれます。

風が結構吹いてきているので、風裏を探しながらいろいろと移動。
場所場所でいいバイトがあります。
天候があやしくて曇りだと寒いので、カップヌードルがいいよってことでコンビニで調達。
ほんと日本のコンビニって優秀です。アメリカのセブンイレブンなんてひどいもんで。

今回すごかったのがこのコンロ。
存在はしってたけど、これほんとすごい。すぐにお湯が沸くし、風に影響を受けないし。
めっちゃほしくなった。

DSC_2594.jpg 

カップそばを食べてお昼の時間を充電

received_1237864959592661.jpg 

天気がいいので、ぽかぽか陽気で休憩ではなく、お仕事してます。
もうインターネットとスマホがあればどこでも仕事できますよね。

最後はいつもの爆釣の場所へ。
いいバスが出てくれます。

received_1196101440469585.jpg 

最後は3人でバスを総ざらい(笑)
同時バイト

received_1196101453802917.jpg


今回もいいバス釣りができました。
ガイドしてもらったNorth Waveの北方さんありがとうございます。



地元の海でのタイラバに挑戦 光奏丸さん



先日日本に出張の際に地元の三保から出てる釣り船に参戦
最近流行ってるタイラバってやつにチャレンジしてきました。
日本の釣りはアメリカの釣りと違って本当に緻密でいろんなツールが出ていてめちゃくちゃ楽しいんです。今回も釣竿からなにからなにまで新規購入して頑張ってみました。

こちらでもよく行く海釣りは根魚系が多いです。
ただし竿とかリールがバカでかくてすごいんですが、日本のものは細くて軽い。
ずっと降ってても疲れません。

今回の釣りは朝4時半に出発。
まずは太刀魚から狙っていくそうです。じつはこれは知らなかった(笑)
太刀魚が三保から釣れるのは知ってたけど、いきなりでびっくり。

DSC_2348.jpg 

三保からは富士山が見えるんですが、ここでジギングをします。
雰囲気60gから100gくらいの青とかピンク、紫系のジグを振ってる感じです。
いい持ち合わせがなかったので、釣れませんでしたが、全体的にしぶかった様子。

今回お世話になった光奏丸さんのお手伝いのかた。(名前聞くの忘れてしまいました。)
めっちゃ親切にあーだこーだと教えてくれました。ありがとうございます。

結局なん箇所か移動してやってみたけど釣れず。

DSC_2349.jpg 

静岡の人って結構身近に富士山があるんですけど、離れてみると贅沢だなぁ~って思いますね。

場所を移動してタイラバです。
たぶん三保の松原のあたりだと思います。
ボートもエンジン切ってそのまま流していきます。

DSC_2351.jpg 

今回使ったタイラバはこんなやつ。
全体的にオレンジ系がよく釣れてたようです。
僕はネクタイと呼ばれるひらひらがオレンジのものが無く、いまいちの反応。
ヘッドも100gくらいの重いものが中心でなかなかマッチしませんでしたね。

Santa Cruzの釣りでは大体150gくらいでも流されますから潮の流れが全く違うようです。

あとこのゴムが水を切るときに波動をだすらしく、それに鯛が食いついてくるということです。
僕のネクタイはまっすぐのタイプでぐるぐる回らない。
釣れてた方のはカーリー的なネクタイでした。波動をよくだすんですね。
鯛は全体的にぽつぽつと釣れて僕だけ釣れてない感じ(笑)
ビギナーズラックはなかったようです。

昼過ぎると日が上がってきてめっちゃ暑くなってきて。
潮も変わってきてなかなか釣れなくなってきました。

鯛のかわりにフグが釣れてきてましたが、みんな捨ててましたね。
トラフグではありません。
サイズ的にはまーまーだとは思うんですが、毒処理がちゃんとできないんだと思います。

DSC_2353.jpg 

結局2時くらいまで粘りましたが、僕には小さいハタが一匹のみ。
そのまま港へもどりました。
大浜海岸あたりまで流れてった感じです。


船長さんとお手伝いの方が、これ持って帰ってと小さ目の鯛をいただきました。
小さ目といってもですね、家に持って来たら結構のサイズで。

今回は塩釜をやるのが目的だったんです。
塩1kgに卵白2個分を混ぜて固めます。
今回はうろこはそのままにしました。鱗を外すと塩が入りすぎるってことなので。

DSC_2357.jpg 

全部多いかぶせて魚の模様を(笑)

DSC_2358.jpg 

オーブンで1時間ほど焼き上げてる間に鯛飯を準備します。

小さ目の鯛も炊飯器にベストフィット。

DSC_2366.jpg 

焼きあがった塩釜から塩を割って魚をだします。

DSC_2361.jpg 


DSC_2363.jpg 

なんか塩がもったいない感じですが。
お皿に魚を移動して、ほぐして食べます。

DSC_2365.jpg 

僕的にはもう少し塩加減がいいといいなぁ~って思ったんで、鱗をとってもいいかもしれないですね。
味はもう言うまでもなくサイコーでした。

出来上がった鯛飯も鯛をどかして、あとで盛り付ける。

DSC_2367.jpg 

鯛飯もおいしかった~!

隅から隅までおいしくいただきました。
この日は彼岸明けということで、大国屋の切り餅を頂きました。
これもまたうまし!

大国屋人気で、予約しないと確実に団子にありつけない様子。。。。
有名になったもんだぁ~。

DSC_2368.jpg 

今回お世話になった光奏丸さん
http://kousoumaru.com/

またリベンジしたいと思います。



Channel Island Sport Fishingに行ってきました。

DSC_2279.jpg

前から気になっていたChannel Islandの釣り船。
最近の根魚系に少し飽きてきたので、今回はブリ狙い!
Facebookでは毎日毎日何本ものぶりが上がっているので、これは行けるんじゃないかと思って行ってきました。

Channel Island Sports Fishingは何船かのチャーター船が停泊していて、その中の集中管理をしている場所です。釣具屋的な?
場所はOxnard. Santa Babaraの少し先にあります。
ここからは車で約5時間。で、船に乗るので酔い止めを飲みます。
帰りに薬を飲んだ状態で車を運転するのは危険なので、終わってからホテルに泊まります。
しかも船は6時に出発なので、5時には集合
ということで、2泊での釣り船になります(笑)

金曜日にはるぼんが高校から帰ってきてからすぐに出かけることに。
僕はこのために半休を取りました。
金曜日の渋滞は思ったよりもひどくて、Salinasを超えるまで渋滞があったり、流れたり。
結局6時間以上かかってしまいました。

今回の釣り船はGentlmanという釣り船。
大人65ドルで結構お値打ち。乗船jは65人とキャパ多めです。

毎日この船からもブリが上がってるので、期待が高まります!

DSC_2278.jpg 

朝5時にチェックインを済ませるともう並んでる人がちらほら。
乗りあい船はポジション取りが命です。早めにチェックインして順番待ちます。

船は後ろにイワシの生き餌を蓄えるタンクがあります。

DSC_2280.jpg 

タンクの周りに番号が振って会って、そこの朝袋に釣れた魚を入れてくれます。
釣れた魚は店員さんが袋に入れてくれます。

ちなみにMontereyの船では店員さんは一人か2人ですが、この船には4人も乗ってました。
4人プラス厨房でおばちゃんがご飯の準備。ハンバーガーとかスナックとか売ってます。
Montereyの船は場所取ったらそのまま動かないんだけど、この船は違いました。
狙いが青物なので、横に走るわけです。
なので、麻袋は真ん中に着けてあり、周りはクリアーにならないとダメなんだそうです。
実際ぶりがかかると、横に流れていきます。

DSC_2283.jpg 

Oxnardの港からChannel Islandまで行くんですが、その途中で生餌の調達。
後ろにいるメンバーにサビキが配られて、サバを釣ります。
結構カツオが上がったんですが、それはなぜかリリース(笑)
それ欲しかった~。

DSC_2285.jpg 

今回はサバの反応もあまりよくなくて、どうだろう?10匹くらいかな?
そんな感じでした。
で、このサバ釣りの時に場所取りをしたはずの場所がクリアーになって、結局関係なくなってました。

DSC_2286.jpg 

ポイントについてからはこのイワシの生餌の鼻にちょんがけ。
流して釣ります。
錘もなにもつけてませんので、投げられません。
Conventionのリールに30Lbsのナイロンライン
Extra Heavyの短いロッドでは初心者は投げられませんて。
なので、手前において、するするとラインを出していくしかないんですが、
これが60人もいるわけです。
船の片側だけでも30人ほどいるわけですから、もう目の前が糸の山。
これが絡む絡む。
イワシはあっちゃこっちゃ勝手に泳ぐんで勝手に絡んでくれます。
ある程度流していくと落ち着くんですが、流していくまでが暴れるので大変です。

生餌はどんどん新鮮で元気なやつに交換していくんですが、素人は遠くに飛ばせないので、手前の糸の中をかいくぐって流していきます。
なので、新鮮なやつに交換するのが億劫になるんです。
なので、食いつかない。まー悪循環ですな。

たまに素人チックな人も掛けてますが、基本かけてるのはベテラン勢でしたね。
これはこれでまたテクニックがいる釣りでした。

DSC_2290.jpg 

釣りあがるぶりを見ると、でかいですねぇ~。
いいサイズのぶりが上がってます。
やっぱり潮が悪かったのか釣りは厳しくて。
結局合計で6本のみでなかなかたくさんというわけではないですね。
根魚を狙ってるわけでもないので、とりあえずはこれだけ。

DSC_2294.jpg 

DSC_2292.jpg 

はるぼんはこのカオスな状況に根をあげて早々にリタイヤ。
かみさんはずっと頑張ってました。
僕は根魚すこし狙ってWhiteBass?かな?なんかを数匹釣ったところで終了です。

今回の教訓
自分の竿は用意するべき。
30lbsのラインなんで、ま、小さいリールでも行けるんじゃないかと。
投げる練習をしておく。

かな?

で、値段に負けてこの船を選んだんだけど、やっぱりなるべく少ない乗船のやつに乗るべきですな。

今年はもう予定が取れないと思うので、また来年の夏にリベンジです。
今度は大物釣れるといいなぁ~。今度は夏休みの時期に行きたいです。

http://www.channelislandssportfishing.com/





«  | HOME |  »

プロフィール

Moto

Author:Moto
アメリカ赴任7年目。家族もまたまたアメリカへ引っ越してきて本格的にアメリカ生活に戻りました。
釣りのやりすぎで、息子からも呆れられ、たまーにしか付き合ってくれない。
でも、いろんな釣りを楽しんでます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する